順序良く箱詰めします|低費用で行う単身赴任の引っ越し|荷物が少ないなら費用を抑えよう

低費用で行う単身赴任の引っ越し|荷物が少ないなら費用を抑えよう

男性

順序良く箱詰めします

ダンボール

不用品の処分

引越しが決まったら、持って行くものと処分するものに分けます。特に大型家具と家電品は最初に判断します。不要となった場合、処分に時間がかかるからです。リサイクルショップを上手く活用します。不用品を処分すると荷物が減らせます。引越し費用をおさえることも出来ます。その後で荷造りです。季節外れのもの、普段使わないものから荷造りします。部屋ごと、カテゴリーごとに荷造りします。箱は大小揃えて、箱の中で中身が動かないように詰めます。タンスなどは下の段から荷造りすると引き出しが開かなくなることがありません。自分で持てる重さに荷造りします。引越し先で荷解きがしやすいように詰めると良いでしょう。箱の外側に中身を書き、通し番号を振っておくと降ろし忘れの心配がありません。

業者に依頼する方法も

乳幼児がいる、介護する高齢者がいる場合は荷造りを引越し業者に依頼する方法もあります。下着など見られたくないものだけ自分で荷造りしておくと良いでしょう。荷造り依頼プランでなくても、大型家具やテレビ、冷蔵庫の荷造りは自分でせずに、業者にお願いします。梱包のしかたが異なるからです。通帳やカード、印鑑などの貴重品は業者に任せず、自分で運びます。ハサミやカッター、トイレットペーパーやタオルなどすぐに使うものは、ひとまとめにしてわかりやすく表示しておきます。小さな子供がいる場合はおむつやミルク、着替えを1つは手荷物に入れておきます。買い置きは1つの箱にまとめておくと便利です。引越し当日の食事は支度の要らないもの、食器を使わないもの、おにぎりやパンなどを購入しておきます。