低費用で行う単身赴任の引っ越し|荷物が少ないなら費用を抑えよう

作業員
業者

引っ越しが決まったら

どうやって引っ越せばいいのと悩んでいる方は引越業者にお願いしましょう。引越業者を利用すれば、確実、安全、早いの3拍子で引っ越しをすることができます。まずはプランの確認から始めて、見積もりを取ってみてください。

家電

安い業者で住まいを移そう

引越しという作業が日常的になりつつある現代において、激安の引越しサービスが今注目を浴びています。品質の良いサービスを低価格で提供という点で大変人気があります。また、作業員のスキルの良さや気軽に依頼ができることも人気の秘訣となっています。

ダンボール

順序良く箱詰めします

引越しが決まったら、必要な物と不要な物に分けます。特に大型家具や家電は処分に時間がかかるので、先に判断します。荷造りは季節外れのもの、使わないものから行います。部屋ごとカテゴリーごとに荷造りします。貴重品、子供のおむつやミルクは手荷物として自分で運びます。

単身引越しにおすすめ

女性

引越費用の削減

引越しの年間件数は数百万人にも上り、そのうちの半数が単身者の引っ越しだと言います。しかし単身者の引越しといっても一人暮らし、住み替え、単身赴任など様々な理由があります。単身引越しをする場合、多くの方は手早く簡単に安く済ませたいと思うものですが、特に単身赴任だと期間が決められており、いずれ自宅へ戻るため多くの荷物を運ぶ必要はありません。そこで引越業者の単身者向けプランの利用がすすめられます。その内容は専用のコンテナボックスに荷物を詰め込み、コンテナ1台分の料金で輸送するというものです。コンテナボックスの大きさによって料金は変わりますが、荷物が少ない単身赴任の方ほど通常プランで引越しをするよりも安く済ませられます。

単身者プランの特徴

単身者向けのプランで使用されるコンテナの大きさは引越業者によりますが大、中、小のサイズがあります。荷物の量をからコンテナを選択できるので無駄がありません。また、コンテナ代金で輸送するので通常プランのように見積もりは必要なく、コンテナに荷物が収まっている限りは追加料金なしで運んでもらうことができます。そして、輸送先までコンテナボックスで運ぶので荷物の紛失や破損のリスクが軽減されます。コンテナ自体しっかりしているので、上手く積み込むことで頑丈な梱包をする必要もないでしょう。荷物が少ない単身赴任者ならこうしたプランを活用してみましょう。家計にも響きませんし、安心して荷物を届けてもらうことができます。